畠山比例候補ら~道民の声国に届ける/「生活の足」守って・病床削減撤回せよ・オスプレイ情報を~

 
 北海道民にとってかけがえのない鉄路や地域医療を守ってと、23日に上京した日本共産党道委員会の政府交渉。畠山和也前衆院議員・道比例候補と小選挙区候補は切実な声を突きつけ、国の姿勢をただしました。
 JR北海道が日高本線や根室本線の災害復旧を放棄し、道民の移動権を切り捨てようとしている問題で、沿線自治体の首長や住民から「代行バスの赤字補てんもできない」「今度はバスまで切られるのか」と強い危惧が寄せられていると松橋ちはる道9区候補。「仕事、学校、病院と暮らしの足として必要な鉄路。赤字だからやめるとなると、公共インフラは持続できない」と国の責任で存続するよう迫りました。
 「既存の支援スキーム(枠組み)を活用したい」と国土交通省。「スキームがあるから国は知らないというわけではなく、地元と議論するようJRを指導する」と言って、当事者間の協議に委ねる態度を示しました。
 畠山氏は、国が経営安定基金の運用益で補填(ほてん)する仕組みをつくった責任があると指摘。公共交通に国が責任を負い、きちんと予算を確保すべきだと強く求めました。
 ■
 コロナ禍の強い自粛で、地域医療が深刻な打撃を受ける中、公立・公的病院の再編統合はもってのほかと白紙撤回を迫りました。
 統廃合対象に名指しされた登別市の地域医療機能推進機構登別病院が改築を終えたばかりだと松橋氏。人口2万人弱の白老町で「命のとりで」の町立国民健康保険病院を守ってほしいと5000人分の署名が寄せられたと強調しました。
 平岡だいすけ道2区候補は「札幌市の療養病床は2004年の1万床以上が16年に7600床にまで減り、利用率は90%を超える。病床削減はやめよ」と求めました。
 ■
 米軍欠陥機オスプレイが8、9月と2カ月連続で航空自衛隊千歳基地に飛来した問題で目的や飛行ルートを明らかにするよう求めると、防衛省は「米軍から答えられない旨の回答があった」と米軍いいなりの態度に終始。畠山氏は、千歳市が「市民に不安を与えないよう事前に情報提供を」と同省に申し入れているとし、「何かあった時、誰が責任を負うのか。自治体の声の重みを受け止めるべきだ」と訴えました。
 交渉には、紙智子、岩渕友両参院議員が同席しました。
(9/25付「しんぶん赤旗」掲載)

新幹線残土・「核のごみ」ノー/共産党道委が政府要望

 北海道新幹線延伸に伴う有害残土、「核のごみ」最終処分場の押し付けをはじめ道内の切実な課題で、日本共産党道委員会(青山慶二委員長)は23日、政府と交渉しました。

 畠山和也前衆院議員・道比例候補と衆院道2区の平岡だいすけ、道5区の橋本みか、道9区の松橋ちはる各候補が上京して行動。紙智子、岩渕友両参院議員が同席しました。

原発再稼働中止などの要望書を手渡す畠山氏(左から3人目)ら=23日、国会内

 命と健康を脅かすヒ素を含む有害残土に住民が猛反対している問題で、橋本氏は「国は『建設主体は鉄道運輸機構で政府として答えられない』と言い、機構側は『札幌市が決めた候補地だ』と言い訳する。住民の理解は得られないままで到底受け入れられない」と強調。延期や中止、抜本的検討を求めました。国土交通省は「機構を指導する」と述べる一方、新幹線が「地方創生に重要」とあくまでも2030年度末の完成に固執しました。

 北海道電力泊原発の再稼働中止・廃炉とともに、核のごみを受け入れがたいとした道の「核抜き条例」を挙げて「国は条例を尊重すべきだ。自治体から文献調査に応募があろうと応じるべきでない」と迫った畠山氏。「経産相は“条例があろうとなかろうとやる”という姿勢だ」と強く批判しました。資源エネルギー庁は「文献調査をやる意義はある」と居直り、地元と道民の声に背を向けました。

(9/24付「しんぶん赤旗」掲載)

小池晃街頭演説で、平岡さんが決意

 22日、大通公園で開かれた街頭演説は心地よい天気にも恵まれ1300人を超える聴衆が集まり、小池晃書記局長、はたやま和也道比例ブロック候補、平岡だいすけ2区予定候補ら小選挙区候補の訴えに耳を傾けました。

(北海道小選挙区2区予定候補、平岡だいすけです。どうぞよろしくお願いいたします。
みなさんは、世界の幸福度ランキングというものをご存知でしょうか。毎年様々なデータから、世界の国々の幸福度にランクをつけるのですが、日本は一体何位か。日本は2020年は153か国のうち、62位という結果でした。残念ながら毎年この順位を下げているそうです。わたしは働き方というのが、この幸福度にあらわれていると思っています。世界の幸福度ランキング3年連続1位のフィンランドでは、午後の4時に仕事が終わるそうです。4時に仕事が終われば、うちに帰って自由な時間を過ごすことができます。体を次の日のために休ませることができると思います。日本では理想ではないか、現実的ではないと思われる方もいらっしゃる方もいるかもしれません。しかしわたしは1日8時間働けば、ふつうに暮らせる社会をつくりたい。長時間労働やパワハラに苦しめられる人をなくしたいと思って頑張っています。新型コロナウイルスが拡大をしてから、非正規労働者を中心に、雇止めや解雇も広がりました。正社員があたりまえだと、雇用が保障される社会でなくてはならないのではないでしょうか。やはり政治を変えなくてはなりません。北海道小選挙区2区では野党共闘が実現すれば、必ず勝利ができると確信をしています。わたくし平岡だいすけ、その野党共闘の先頭に立ち、せいいっぱい頑張る。その決意をもうしあげまして、あいさつとさせていただきます。)

戦争法の廃止を求める宣伝

「戦争法の廃止を求める北区民の会」が、強行採決から5年となる9月19日地下鉄麻生イオン前で、定例の「19日宣伝」を行いました。区民の会代表今橋直弁護士や北区革新懇代表などが次々と訴えました。平岡だいすけ日本共産党小選挙区2区国政対策委員長も連帯・参加して訴えました。「歴史的偉業」とまで絶賛し、「安保法制で日本はアメリカの戦争に役立つ」との在日米大使館が戦争法強行成立前後に米国に伝えた秘密公電について紹介し、市民と野党の共闘で「安倍政治」を転換し、戦争法を廃止させようと訴えました。約50人が参加。高校生や中年の女性グループなどが「何をやっているの?」と注目・感心を寄せていました。

小池晃演説会 平岡だいすけ予定候補が参加します

平岡だいすけ衆院2区予定候補が参加、お話しします!

【小池晃書記局長きたる】 演説会
【日時】9月22日(火・祝)午後1時30分~

【場所】札幌・大通西3丁目

【弁士】はたやま和也・前衆院議員、平岡だいすけ・2区国政対策委員長、橋本みか・5区国政対策委員長、松橋ちはる・9区国政対策委員長

北区で宣伝キャラバン


 9月13日、平岡だいすけ宣伝キャラバンを行ない、北区内4ヶ所で街頭から平岡2区予定候補、佐野ひろみ前道議、長屋いずみ市議が訴え、雨交じりの中、約50人の方が参加しました。平岡候補は、茨戸アカシアハイツでの集団感染を告発すると共に、介護に携わっている弟のことなども踏まえて、訴えると共に、総選挙で決着をつけることを訴えました。参加者から「サインを下さい」の声も上がりました。

小さくとも大きな変化

 毎日の街頭宣伝でリーフレットやしんぶん赤旗をお配りしているのですが、やはり快く受け取ってもらえれば嬉しいですし反対にあからさまに拒否されると落ち込むものです。毎週宣伝をしている駅前でいつも「あからさまに拒否」する30代くらいの男性、もう嫌な思いをするのなら手渡すのをやめようかと思っていましたが。なんと先日、しんぶん赤旗を受け取ってくださったのです。どんな心境の変化があったのかはわかりませんが、私にとってはビッグサプライズです。(次の週も受け取ってくださいました)
 はたやま和也前衆院議員と宣伝をしたときも大学生のカップルが最後まで演説を聴いてくれるというミラクルが起こりました。声をかけてみると「音が聞こえたので話を聴いてみたいと思って来ました」とのこと。次の宣伝場所でも立ち止まって演説を聴いてくれる若いカップルがいました。
 しかしこのような出来事は決してサプライズやミラクルなどではなく、コロナで不安なときに総理大臣が辞任し、これからの日本はどうなるんだという当たり前の反応なのかも知れません。
 宣伝で対話した高校生は「安倍首相は辞めたほうがいい」と言う一方で、それに代わる人は思いつかないと言います。訴えに耳を傾ける人が増えている今こそ、日本共産党の展望を知ってもらえる、野党共闘に希望を持ってもらえる訴えかけが必要です。引き続き毎日の宣伝・対話に力を注ぐ決意です。
 また日頃、宣伝活動に奮闘する皆さんに感謝と敬意を表します。
 

国民の苦しみに寄りそった政治を―モエレのつどい

 日本共産党札幌東区モエレ後援会は8月30日、「共産党のつどい」を開き、11人が参加しました。このつどいには平岡だいすけ衆院2区予定候補、宮川じゅん道議、太田秀子市議が参加して報告などを行いました。
 平岡氏は、この間受けてきた生活相談などを紹介し、コロナに関する相談が多く、「2人の子どものシングルマザーの方が2つのアルバイトを掛け持ちで生活してきたが、2つとも雇止めにあった」など様々な声を聞いてきた。この声にこたえるよう政策化してきたい。困った時にこそあたたかい政治が必要と、総選挙への決意を述べました。
 宮川道議と太田市議は、新型コロナ禍でわかった政治の役割、寿都町の核のゴミ問題、新幹線の延長、アクセス道路などの問題を語り、国民の苦しみに寄りそった政治が求められていると、畠山和也前衆院議員、平岡氏とともに自民党政治を変えることに全力をあげる決意を述べました。

新しい政治〜ともに…共産党議員ら街頭から訴え〜札幌市で

北海道では29日、日本共産党の畠山和也前衆院議員と平岡だいすけ衆院道2区候補が札幌市東区4カ所で宣伝しました。後援会員が声援を送りました。

 畠山氏は、党が憲法や経済、民主主義の問題などあらゆる分野で安倍政権と対決してきたと強調。「国民の一人ひとりの声が政治を動かしています。市民と野党の共闘を前に進め、自民党政治を大本から切り替えるため全力を挙げます」と力を込めて訴えました。

 平岡氏は「コロナ感染拡大で国民が重大な危機に直面している時こそ政治の役割が重要」とし、「国会を直ちに開き、新首相のもとで質疑を行い、コロナ対策をはじめ国政の重要問題で十分な審議を」と求めました。

 聞いていた男子学生(20)は「両人の話から、政治は身近なものと感じた。国民に目を向けた政治をしてほしい」と話しました。

(8/30付「しんぶん赤旗」掲載)

都心アクセス道路、12435筆の反対署名を市に提出、申し入れ

 8月28日午後、「都心アクセス道路に反対する市民の会」は秋元市長に対して、12435筆の反対署名、206の団体署名を提出し、都心アクセス道路の建設中止を求めました。
 代表世話人である渡辺達生弁護士は申し入れ文書を渡し、署名を渡したあと趣旨を伝えました。「コロナ下で、無駄な事業の見直しをして、コロナ対策に予算をまわす」「生活インフラの老朽化が顕著なもとで、ここに予算をつける」「豪雨災害がつづくもとで、地下建設案は問題ではないか」「右折レーンの設置で対応できる」など、アクセス道路の建設中止の意見を伝えました。平岡だいすけ2区候補も申し入れにのぞみました。

決断のものさし

このたび衆議院北海道小選挙区2区の予定候補となり、野党統一候補となるべく奮闘する決意を表明しました。「悪しき政治を終わらせる」という志をもって各政党や諸団体の要請にも応えていく構えです。
数年前の私であれば国政選挙に挑戦すると決断できなかったでしょう。しかしこれまでの経験がその一歩を踏み出す勇気を与えてくれました。
昨年の地方選挙の投開票日の翌日、私はお世話になった方々へ電話をかけました。皆さん「また頑張ろう」と言ってくれましたが、太田秀子さんには「今後の身の振り方に悩んでいる」と打ち明けました。太田さんは直ぐに「そんなこと言わないでほしい。あなたは党にとって希望なんだ」と話してくれました。電話を終えるとだんだん胸が熱くなり、その日のうちに「次も絶対に頑張るぞ!」という気持ちに切り替わっていました。
将来を心配し慎重に悩むことも大切ですが、自身の行動を「希望」と思ってくれる人がいるのであれば私の決断はシンプルです。力不足に思う方もいるかも知れませんがどうか挑戦させてください。
また地方でも国政でも私の目標は「社会を変えるために党の政策を実現させる」ことです。これまで通り実直に政策を訴えぬいていきたいと思いますし、とくに消費税減税は経済を立て直すための土台だと力を込めて語りたいと思います。

東豊高校前のバス停についに灯りがつきました

暗かった高校前のバス停に灯りがつきました。
札幌市東区内の北海道中央バスのバス停「東豊高校」に待合小屋があります。生徒が、学校評議員会で、「下校が遅くなると暗くなるため照明がほしい」と要望を出しました。
それを聞いた宮川じゅん道議・平岡だいすけ衆院2区予定候補は、高校、バス会社、北海道電力、市役所、道庁、町内会、商店街、労働組合、自然エネルギー団体などに足を運び、協力を依頼しました。
最終的に、平岡氏が幹事長を務める高校同窓会(小野亜希雄会長)が費用を負担して設置することになりました。
平岡・宮川両氏は、現地で照明を確認して、「各団体が要望に理解を示してくれて、みんなが高校生を守ろうとしていることを感じた」、「高校生の言うことに耳を傾け、実現のために力を尽くす大人がいることを示せてうれしい」と語っています。

美香保公園の案内板をきれいにして

「経年劣化によってボロボロになった案内板を直してほしい」―日頃美香保公園を利用する市民から連絡があり、平岡だいすけ衆院2区予定候補が現地を調査し、札幌市に働きかけました。市はすぐに清掃を行い、点字の案内板の取り替えも順次行うと回答がありました。
危険な道路や公園の不備などがありましたら知らせてください。

終戦75年~新しい政治実現を 紙・はたやま氏とともに 平岡衆院2区候補が訴える

 75回目の終戦記念日を迎えた8月15日、紙智子参院議員・はたやま和也衆院比例北海道ブロック予定候補・平岡だいすけ衆院2区予定候補・長屋いずみ北区市議は地下鉄麻生駅前でマイクを握り、9条改憲を狙い核兵器禁止条約発効にも背を向ける安倍政権を厳しく批判しました。
平岡候補は「反戦平和の理念は私の原点です」とこれまで広島・長崎・沖縄で学んだことを語り「安倍首相は『被爆者の方々に寄り添って』と言うが核兵器禁止条約に背を向けている。安倍政権を終わらせることが平和な世界をつくる」と訴えました。約100人の後援会員が集まり、街頭からもたくさんの期待の声が寄せられました。

総選挙小選挙区2区予定候補として平岡だいすけ氏を発表

2020年8月11日、日本共産党北海道委員会は、札幌市と苫小牧で記者会見を行い、次期総選挙の北海道小選挙区の予定候補の1次発表をおこないました。小選挙区2区の予定候補として平岡だいすけさん、5区橋本美香さん、9区松橋ちはるさんを発表しました。 比例北海道ブロック予定候補者のはたやま和也前衆議院議員も同席し、会見にのぞみました。
 会見で道の千葉隆書記長は、「総選挙は文字通り政権を争う選挙戦です。わが党として安倍政権にかわるあたらしい政権、すなわち野党連合政権をめざして奮闘したいと思います。日本共産党の躍進とともに、野党連合政権を構成する野党共闘勢力の前進・躍進をかちとって、政権交代をめざすことを第一義的な目標に据えたい。コロナ危機が進むもとで、安倍政権がとり続けてきた市場原理最優先、財界の利益第一主義で、医療・介護・教育などを削り続けてきた新自由主義的なやり方では、もう国はもたない。人々が支えあう社会、助け合う社会への転換を、多くの国民が切実に求めていると思います。国難突破の政権は野党連合政権以外にない、そのことをおおいに訴えて総選挙を戦い抜きたい」と語りました。
 千葉書記長は平岡さんを「平岡さんは市議を1期つとめましたが、東区選出の9人の議員の中で質問回数トップと、確かな論戦力をもつ若き政治家です。コロナ危機のもとで、営業苦となった業者のみなさんの相談役として、持続化給付金申請で、夜遅くまで頑張りました。また学校の横断歩道、信号機設置の要求などにも熱心にとりくんで、『要求あるところ、平岡あり』と言われるくらい行動力も抜群の政治家です」と紹介。
 平岡だいすけさんは決意にあたって、「札幌市議として1期つとめてきました。その経験を生かしていくことはもちろんのこと、学生時代、一般の会社でつとめてきた経験も基にしながら活動していきたい。とりわけ若い方々と話しをする機会もありますが、さまざまな世代の声をとりあげてがんばっていきたい。政策としてとくに力を入れたいのは消費税の減税です。私の生まれた平成元年に導入された消費税、2019年の10月に増税されました。景気が後退していた時に、増税があり、さらに家計を苦しめることになりました。今コロナ禍のもとで、その消費税の減税が必要であると考えます。消費税の減税は経済をたてなおす土台になると考えます。今後各政党、諸団体、市民団体からの要望・要請には真摯に誠実にこたえていきたいと思っています」と話しました。

よそはよそ、うちはうち?

前例のないウイルスの脅威に政府が外出やイベントの自粛を呼びかけていますが、それぞれの事情もあり最終的な判断は各自にゆだねられます。家庭によっても買い物や外食への判断は異なりますし、自治体においてはそれぞれの状況に応じた柔軟な対応が求められます。埼玉県吉川市ではひとり親家庭など支援が必要な市内の小学生を対象に昼食用の「おにぎり弁当」を無料配布することを決めたようですが、札幌市においても国や北海道だけの考えによらない臨機応変な対応をとってもらいたいと思います。
一方で海外と日本の対応を比較した場合には「よそはよそ」では済まないことがあります。日本では店頭からマスクが消え高額で転売されるなどの問題が起こっていますが、台湾では38歳のIT担当大臣が「マスク在庫マップ」を数日で完成させ必要な国民や医療機関にマスクが行き渡るようにしました。
わが国のIT担当大臣は「スマートフォンでSNSの投稿ができる」ことで抜擢された78歳。年齢だけで判断することはできませんが、IT技術は特に進化が速く世界的にも競争が激しい分野です。加えて政府はサイバーセキュリティの職員を募集していましたがその内容は「通勤手当もない年収200万円以下の非常勤」と、技術に対する評価があまりに低いのです。
「よそ」からも学ぶことと併せて、感染症研究所をはじめとした「危機管理」に関わる行政の充実が間違いなく「うち」には必要です。

心配なく病院に行くことができるように

おかげさまで31回目の誕生日を迎えることができました。子どもがいる友人も多くなり、集まると家族の話題も増えてきました。東京で頑張る友人や、働きながら専門学校に通うことを決意した友人もいます。私も彼らに挑戦し続ける姿を見せたいと思いますし、政治の分野から希望のもてる社会を作り手助けがしたい。そんな目標を再確認しているところです。
決意を新たにしたところまでは良かったのですが、体調管理は不十分だったようで風邪をひいてしまいました。高熱で頭がボーっとする日もあり改めて健康がいかに大切かを思い知らされました。
私は風邪との診断でしたが、新型コロナウイルスが猛威を振るっています。なぜ中国で感染が広がったのか、その背景には貧富の格差や医療の不十分さがあるのではないかと考えています。経済が発展する一方で取り残された貧困地域では人身売買も行われているといいます。また病院では保険のきかない項目が多く高額の医療費がかかると同時に、医師や医療機器が揃っている都市部の病院に患者が集中し十分な医療が提供されていないという実態もあるようです。日本も他人事ではありません。安倍政権のもとで医療費・保険料が値上げされ、統廃合という形で公的な医療機関を潰そうとしています。
医療費が高いことで有名なアメリカでは新型コロナウイルスよりもインフルエンザの流行が大問題となっていますが、今回のことを教訓に医療制度の見直しが世界で行われるべきです。お金の心配なく病院に行くことができるよう格差是正・社会保障充実は急務です。