札幌の水道料金はなぜ高い?

こまめに水を飲むことは健康に良いと聞き、1日2リットルくらいの水を意識して飲むようにしています。とくに朝と晩に白湯を飲むようにしてからは体が温まりやすくなり、朝の目覚めが良くなりました。

また千葉大学が、1週間に7回以上湯船につかって入浴する高齢者は、週2回以下の人に比べて要介護認定のリスクが約3割減少するとの調査結果を発表しました。そんな飲んでよし、つかってよしの水にまつわるお話です。

札幌の水道料金が高くて驚いた

先日、他県より引っ越して来られた方から「札幌の水道料金が高くて驚いた」との話を伺いました。それもそのはず、使用量にかかわらず毎月かかる基本料金は全国で北海道が一番高いのです。

水道局に聞いたところ、札幌の場合は水道事業の始まりが昭和12年と他都市に比べて遅く道路などのインフラ整備と工事時期が重なったために借金が多いことと、冬場に水道管が凍結しないようにするための工事に費用を要するため料金が高いとのことでした。

消費税が10%になれば

しかし、消費税が10%になればその分水道料金も値上がりになりさらに家計を圧迫します。他の市町村ではひとり親家庭や生活保護世帯、老齢福祉年金受給者などを対象とした減免制度があります。

「水濁れば即ち尾を掉う魚なし」~政治が正しくなければ、市民は安心して生活を楽しむことができない~との言葉もあります。減免制度の創設や将来的に料金を引き下げることができないのかを引き続き調べていきたいと思います。

「デコボコ道路がなおったよ」・・・住民から喜ばれました

明園地域のNさんは、歩道のデコボコにつまづいて転んだ人の話を聞き、私(平岡だいすけ)とさっそく現地調査をしました。近所の人からも「気にしていました」との声を聞くことができました。

私(平岡だいすけ)が土木センターに申し入れたところ、工事が始まり、このたび修繕が終わりデコボコが改善されました。住民の方からも喜ばれています。

公園トイレの3K

トイレの新3K

公園のトイレにどのようなイメージをお持ちですか。多くの方が「暗い・臭い・汚い」と感じているのではないでしょうか。私はこの負の3Kを「きれい・快適・かっこいい」の新3Kに変えていきたいと思い先日質問に立ちました。

当選した年の議会でトイレットペーパーの設置について求めたところ、大通り公園のトイレにトイレットペーパーが設置されるようになりました。しかし、多くの市民と観光客が訪れる札幌の顔である公園のトイレとして改善点はまだあります。
例えばオータムフェストなどのイベント時期には清掃が全く追い付いておらず汚れっぱなしです。また、個室の便器の形の表示案内がなく不親切。高齢者や海外からの観光客に不便な和式。殺風景な外観などあげればキリがありません。
市は清掃についてイベントの運営委員会と話し合うことと、案内表示を設置すること。洋式化や観光地にふさわしい外観については建て替えのときに考えたいと約束しました。

トイレの平岡!?

私がかつて飲食店で働いていたときは、毎日トイレをピカピカに磨いていました。それはどんなに料理が美味しくても、接客が素晴らしくてもトイレが汚ければ全てが台無しになってしまうからです。

いろいろな指摘と提案に議場からは「トイレでこんなにたくさん質問できるのか」と声があがるほどでしたが、私は大通り公園のみならず公園のトイレがもっと市民に使いやすいものになるよう引き続き研究を深めたいと思っています。
いつか「トイレの平岡」と呼ばれるまで。

決算特別委員会で「大通公園の清掃・案内表示・和式化などの充実」と「街区公園の存廃問題」をとりあげました。

日本共産党の平岡大介議員は10日、決算特別委員会で「大通公園の清掃・案内表示・和式化などの充実」と「街区公園の存廃問題」をとりあげました。

大通公園は札幌の顔・トイレを「きれい・快適・かっこいい」の3Kに。各種統計・資料示し改善求める

平岡大介議員が質問

平岡議員は、「公園のトイレは『暗い・臭い・汚い』イメージ。『きれい・快適・かっこいい』の3Kにしたい」と述べて、「国際都市をアピールする本市として、顔である大通り公園のトイレを清潔に保つことが重要である。イベント時期の清掃は回数を増やし対応すべき」と求めました。

東山部長の「イベントの際は、主催者が仮設トイレを設置し、スムーズに利用できるようにしている」との答弁に対し、平岡議員は、「オータムフェストでは仮設トイレがなかった」と指摘し、「現場を確認して対応すること」を求めました。続いて、「経産省は、東京五輪・パラリンピックに向けてトイレの案内用の図記号について、温水洗浄便座なのか、和式・洋式なのかが海外の観光客でも一目でわかる表示の検討を始めている。大通り公園のトイレについては、個室の便器形態を表示すべき」、との求めに、東山部長は、「今後は、すべての個室に便器の種類がわかる表示を加える」と答弁。

平岡議員が、「訪日外国人にとって、『和式トイレはの使い方が分からない』、日本も『洋式派』が増え、和式の出荷量は全体の1%未満」。「政府が、東京五輪・パラリンピックに向け、日本の観光地の公衆トイレの4割が和式という状況を改善するため、費用の3分の1を国費で助成する補助事業を始めている」ことを具体的に示し、「大通り公園のトイレを、海外からの観光客にも使いやすく快適な洋式化を進めていくべき」と求めたことに対し、東山部長が、「男女それぞれに洋式の多目的室トイレがある」「その名のとおり誰でも使える」との主旨の答弁。

平岡議員は、「その考えはずれている」と指摘し、「多目的トイレは基本的には障がいをお持ちの方などが使うトイレでなくてはならない」と力説。国土交通省が2011年に実施した「多機能トイレの利用実態調査」では、「待っていた時に多機能トイレから出てきた方は」との設問には「障がい者に見えない人」との回答が多かったとの結果が出ている」ことを明らかにし、「やむを得ない場合もあると思うが、多目的トイレは、車いすの方や障がいを持つ方に使ってもらえるよう、基本的に健常者は一般のトイレを使用することが望ましい」と、認識を改めるべきと指摘しました。また、観光地にふさわしい、明るく見栄えの良い内・外装のデザインを検討すべきと求めました。

街区公園のトイレの存廃。「災害時の利用も判断要素の一つ」「最終的には住民の意見ふまえ判断」と答弁

札幌市は、緑の審議会から「街区公園のトイレは基本的に廃止」「遊水路があれば存続」「地域住民とトイレの利用が多いか、ニーズは高いかなどの観点で話し合い存廃について決めていく」との答申を受け、公園のトイレの存廃について具体的な実施手法を検討しています。
平岡議員は、胆振東部地震の際、公園のトイレが「一定程度活用されていた」ことをふまえ、「住民との存廃の話し合いでは、災害時の必要性について十分考慮すべき」と求めました。

添田みどりの推進部長は、「市民アンケートでは、利用が少ない公園トイレの廃止に約3分の2が賛成との結果がある。緑の審議会からも答申をもらっている。以上から、利用の少ないトイレは廃止を前提に検討していく必要がある。そのうえで、存廃の判断基準の作成、災害時の利用も判断要素の一つとする。最終的には住民の意見をふまえ判断したい」と答弁しました。

平岡議員は、「市民アンケートは、説明が誘導的である。『維持管理にも、建て替えにも多額の費用がかかる』ことが再三強調されている。なぜ公園のトイレを利用しないのか、要因の分析」を求めたことに対し、添田部長は、「コンビニ、商業・公共施設のトイレ利用が8割超えている」と答弁。

平岡議員は、「利用しない理由は、アンケートの自由記載欄にある」。「『汚い、暗い、くさい』から使わない」「子どもや女性が使うのに『怖い』」という意見もたくさんある。「衛生的で安心して使えるトイレに改善し、市民が使いやすいトイレとして、建て替えて残していくという立場に立つべき」と主張しました。

主導権握られる安倍外交

営業は足で稼げ?

皆さんは普段パートナーと手を繋いでいますか。久しく手を繋いでいないのであれば付き合いたての頃を思い出して繋いでみて下さい、面白いことが分かるかも知れません。

「営業は足で稼げ」なんて言葉があります。顔を合わせる回数が増えるほど客が営業マンに対して親近感を抱き契約に繋がるという考え方です。果たしてそのような手法が世界の外交で通じるでしょうか。

事実上合意させられた!

総理就任から5年間で76か国を訪問し600回の首脳会談を行ってきたという安倍政権の「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」の結果、朝鮮半島を巡る外交は蚊帳の外、ロシアのプーチン大統領からは前提条件なしの平和条約締結が呼びかけられ、米国のトランプ大統領の威圧に屈してこれまで拒否してきた自由貿易協定交渉開始に事実上合意させられてしまいました。

私が注目したのはトランプ大統領の握手の仕方です、安倍首相の手を下から掴み引き寄せ片方の手でポンポンと叩く仕草を見せました。

これはさながら男性が女性をダンスに誘うように手を差し出し、「私がリードするから任せておきなさい」と言っている様です。安倍首相は完全に主導権を握られているのでしょう。

パワーバランス

実はこのように手の繋ぎ方でパワーバランスがわかってしまうのです。繋いだ時に手のひらを上向きにし下から支えるように握っているほうがリード役ということになります。無論、我が家では妻が下です。

日本の外交は米国の言いなりにならずに農林水産業を守り、憲法に基づく平和外交に精力を注ぐよう改めるべきです。

北海道地震から四日

大地震が道内を襲ってから四日が経過しました。スーパーやデパートが再開をはじめ少しずつ日常を取り戻しつつありますが、今も二千人を超える人たちが避難生活を強いられています。

とくに被害が深刻だった清田区もそうですが、東区でも陥没・液状化した道路が多く完全復旧にはまだまだ時間がかかります。地震後、地域を歩きうかがった要望も含め復旧と対策について市議団一丸となって取り組んでいきます。

かく言う私も、こぼれた水に足をとられ転倒し膝に大きな青アザをつくってしまったことはここだけの話です。

今回、震源近くにある苫東厚真火力発電が運転を停止し稼働中だった他の発電所も連鎖的に止まり道内全域停電、いわゆるブラックアウトが起きました。これがもしも厳冬期であれば、凍死者をだすさらなる悲劇を呼んでいたことでしょう。

原因は道内のほぼ半分の消費電力を苫東厚真の一か所で供給していたからだそうです。大地震への十分な対策を怠った北電の責任は極めて重たいと言わなくてはなりません。

また「泊原発が動いていれば停電はなかった」との意見もあるようですが、電力はすべての発電所が歩調を合わせながら常時変動する需要に合わせて発電しているため出力調整の出来ない原子力発電ではバランスが悪く、最悪の場合原子炉が爆発する可能性があると専門家は指摘しています。

台風と地震を立て続けに経験してか体調を崩される方が増えています。お体に気を付けてお過ごしください。

原水爆禁止大会への参加

突然ですがクイズです。

「夏の天敵といえば蚊ですが、ストレスをためている人は普通の人に比べて蚊に狙われやすい?○か×か(答えは最後に)。

今年の八月は福井と岐阜への特別委員会視察からはじまり、広島での原水爆禁止大会への参加、札幌へ戻ると視察も兼ねて市議団で定山渓温泉へ、最後は友人とニセコへキャンプに行きました。

約二週間の旅の疲れはもう癒え、生活のリズムも戻り九月から始まる定例議会に備えて日々学習を深めているところです。

今年の原水爆禁止大会

さて今年の原水爆禁止大会では核兵器禁止条約の批准や北朝鮮の非核化と朝鮮戦争の終結の話題が多く、平和の激動を肌で感じることができました。なかでも韓国の青年の話が印象的でした。

この青年が日本に来て感じているのは、日本では北朝鮮に関するニュースがとても多いということです。

日本では北朝鮮の脅威をあおり「国難突破解散」も行われましたが、韓国では北朝鮮のニュースは少なく国民はあまり心配していないとのことでした。

また南北首脳会談の成功の影響か、兵役の期間が21カ月から19カ月に短縮されたそうです。改めて他国を知ることは日本を知ることだと実感した大会でした。

クイズの答え

さて、クイズの答えですが、正解は×です。

蚊は人間の呼吸や汗などから発する炭酸ガスや、乳酸、体温にひきつけられますが、人間がイライラしたりストレスが溜まっている時に発する成分は苦手なようです。

もしも「今年は蚊に刺されてないな」と感じている方は蚊も近寄れないほどストレスが溜まっているのかもしれません。

 

視察の報告です

この度所属する厚生委員会にて川崎市・大阪市・神戸市へ視察を行いました。一部ではありますがご報告させていただきます。

川崎市:高齢者健康維持プロジェクト

まず川崎市では高齢者の健康維持のためのプロジェクトについて学びました。これは介護サービス利用者の介護度を改善させた介護事業所に対して報奨金を付与するものです。一見すると良い制度に思えますが、5万円という金額では事業所にとっては少なく利用者も介護度が下がればサービス内容が制限されてしまうジレンマがあり導入については慎重でなくてはなりません。

大阪市の就労訓練事業

大阪市の就労訓練事業は生活困窮者を対象に働く場の提供と就労支援を行う事業です。市の担当者は「受け入れ先を見つけてくることが大変です。」と語っていましたが、支援を求める方の中には長く自宅に引きこもっていた方も多く、人とのコミュニケーションが少ない製造業を希望することが多いようです。他市に比べて製造業が少ない札幌市ではさらに課題は大きいと感じました。

神戸市:自殺対策

神戸市では自殺対策についてです。近年自殺者数は減少傾向にありますが、病気や孤立を理由とする70歳以上の高齢者の自殺が増えています。大切なことは周囲からの声かけですが、神戸市では介護事業所のヘルパーや民生委員を対象にコミュニケーションの研修会を定期的に行っており、悩みのある高齢者への声のかけ方を学んでもらっているそうです。

大阪市職員:頭の下がる思い

新大阪駅ではこれから西日本へ支援に向かうという大阪市職員の団体と遭遇しました。猛暑の中での活動に頭の下がる思いです。

「やだカラス」 – 巣の撤去は逆効果?

エンブレムは三本足カラス

サッカーワールドカップが大いに盛り上がるなか深夜まで観戦してしまい寝不足の方も多いのではないでしょうか。私も日本がどこまで勝ち進んでいくのか期待を込めてテレビの前で応援しています。

さて日本代表ユニフォームの胸に付いているエンブレムの黒い鳥は三本足のカラスだということをご存知でしょうか。この八咫烏(ヤタガラス)は太陽の象徴といわれ神の使いとして日本神話に登場する動物です。

傘をさしながら逃げて

「古事記」「日本書紀」で天皇の道案内をしたと記される伝説の八咫烏ですが、実社会のカラスはごみをあさる嫌われ者です。(好きな方がいればごめんなさい!)先日道を歩いているとカラスがガァガァ鳴きながらついてくる。こわくなって早足で道を変えるのですがそれでもついてくるついてくる。仕方がないので雨も降っていないのに傘をさしながら逃げて帰りました。

6月から7月は幼鳥の巣立ち時期で気が立っていて危険です、私のもとにも巣を撤去してほしいとの相談が寄せられます。しかし単純に巣を撤去してしまえば問題が解決するかといえばそうではないのです。カラスの寿命は10年以上といいますが巣が撤去されるたびに神経質さが増し、人間に対する威嚇(いかく)行動が激しくなり逆効果なのです。

注意喚起の看板の設置を進めています

札幌市では注意喚起の看板の設置を進めています、設置が必要な場所がありましたらまずはご相談ください。八咫烏は日本代表を勝利に導いてください、私は市民をカラス被害のない安全な道に導きたいと思います。

日本サッカー協会様ホームページより

学童保育料の負担軽減を 太田・平岡市議、学童保育連絡協議会と懇談

日本共産党の太田秀子市議、平岡だいすけ市議は2018年6月20日、「学童保育連絡協議会東ブロック」のみなさんと懇談をしました。

指導員や保護者のみなさんから、「札幌市立小中学校の学校規模の適正化に関する基本方針」に基づいてすすめられている小学校の統廃合によって、学童保育に及ぼす影響と不安が語られました。

また「保育料が保護者の大きな負担となっており、(学童保育に)入りたい家庭の壁になっています。札幌市の保育料軽減は30年前と変わらないままなので、保育料への補助をしてほしいです」などの要望が出されました。太田・平岡両議員から、札幌市の子どもに関わる予算の内容が報告され、出された要望を実現するため一緒にがんばりましょうと決意が語られました。

RICOH IMAGING

今夏の挑戦

3年前の選挙で当選させていただいてから任期最後の夏を迎えます
議会で質問してきたことが実を結んだり、いただいたご相談を解決することができたりと議員活動を通して確かな手応えを感じています。

私は今年の夏挑戦したいことがあります。それは東区役所前駅周辺の交差点に横断歩道をつくることです。
詳しくは北13条東8丁目の交差点にある歩道橋の下に横断歩道をつくりたいのです。

皆さんもご存知の通り、東8丁目篠路通りに面した東区役所前駅周辺は区役所や駅の利用者・スーパーの買い物客も多く、日中は車だけでなく歩行者もたいへん多い地域です。しかし交差点の3ヵ所に横断歩道はあるものの、南側の東西を行き来する道路(レストランとんでんと東光ストア間の道路)に横断歩道はありません。

小学生の通学路にもなっていることからも歩道橋はありますが、階段をのぼりおりすることが困難な高齢者や障がい者も多く、車のないタイミングを見計らって斜め横断する方も多く見かけるところです。南北の信号が赤になれば必然的に車は停止することになり、横断歩道ができても交通の妨げにはなりません。

さらに地域住民が暮らしやすくなるように、交通事故が起きないようにとの思いで今年の夏は熱く!熱く!汗をかいていきたいと思います。

大型開発ゆるさず、高齢者・子どもたちが安心して暮らせる札幌に: 平岡だいすけ市議、街頭から訴える

6月5日、日本共産党の平岡だいすけ市議会議員は、5か所で後援会員とともに街頭宣伝にとりくみました。

平岡市議は、「来年4月には地方選挙、夏には参院選挙が予定されています。嘘とごまかしで暴走を続ける安倍政権に退陣を!その審判をくだす選挙にしようではありませんか」と呼びかけました。また「オール与党市政の中、ムダな大型開発、都心アクセス道路の建設計画が進められています。わたしたち日本共産党は『キッパリと建設は中止せよ』と訴えています。この都心アクセス道路は、札幌新道から大通までつなぐ4キロにおよぶ新しい高規格道路の建設です。混んでもいない道路を緩和するために1040億円をつぎ込む、そんな道理はありません」と主張しました。

「いま札幌市は、70歳以上の方を対象に、公共交通の交通費の一部を助成する敬老パスを発行しています。わたしたち日本共産党は敬老パスをタクシーでも使えるようにしてはどうかと提案しています。高齢者の外出支援を促すもので、大変高齢者に喜ばれる施策ではないでしょうか」と語りました。さらに平岡市議は「わたしたち日本共産党が提案しているのは、子どもの医療費の無料化の拡大です。札幌市は小学校1年生にまで拡大しましたが、小学校6年生、そして中学生にまで医療費無料化を拡大すべきと、わたしたちは提案しています。小学校6年生にまで医療費無料化にかかる予算は約24億円です。大型開発を見直せば十分に産み出すことのできる財源です。子どもたちを安心して育てられる札幌市をつくるため、引き続き市議会で求めていきたい」と訴えました。

平岡市議は、4日夕方にも通勤・通学帰りの方に向け、街頭から訴えました。

踊り場の壁、キレイになったよ 東新道団地

札幌市東区北34条東28丁目の市営住宅「東新道団地」の階段の踊り場の壁が、通風口から入る雨の影響でひどく汚れていました。見栄えも悪く衛生的にも良くないと日本共産党の平岡だいすけ市議が市に改善を求めたところ、ペンキが塗り替えられ見違えるほどきれいになりました。

平岡だいすけは市営住宅の充実をはじめデコボコ道路の補修など、暮らしやすい生活環境づくりに努めています。身の回りでお気づきの点がありましたら気軽にご相談ください。

きれいになった壁を調査する平岡議員

↓ 清掃前

雨の影響でひどく汚れていました。

「十両盗めば首が飛ぶ」

「十両盗めば首が飛ぶ」と言われておりました江戸時代、平成の世ではどうでしょう。

談合、不正入札、虚偽報告、不正利用、不正受給、窃盗・・札幌市

秋元市政ではこの間、麻生球場の官製談合、円山動物園の入札にかかる不正、アスベストの虚偽報告、交通局の業務用乗車証の不正利用、残業代の不正受給、親睦会費の窃盗などこれまで市職員の不正が繰り返されてきましたが、今月には市職員19人が住居手当計6,016万円を不正に受給していたことが発覚しました。

中には約30年間にわたり839万円も不正に受給していた職員もいましたが、処分は文書による厳重注意や重くても停職3カ月です。

江戸時代では首が飛んだ十両、現代の100万~200万円の価値があったとされておりますが、今回の処分を皆さんはどのようにお感じになったでしょうか。そもそもこのような不正受給は刑法上の詐欺罪に該当する重大な違法行為ですし、行政の秩序も市民の信頼も大きく損なう問題であり、一般企業であれば解雇処分とする事例も多いのでは。

何度となく秋元市長が述べてきた「再発防止」

もちろん重たい処分であれば解決することではなく、手当支給の原則やチェックの仕方などを見直す必要がありますし、これまで何度となく秋元市長が述べてきた「再発防止」が本当に実践されてきたのか改めて検証すべきです。

ちなみに初犯なら「出来心」でおかみのお慈悲にあずかれますが、3回盗みをはたらけばスリーアウト!死罪というルールもあったようです。再発防止という言葉と罪の重さはいかほどか。

 

批判を「封印」オール与党

批判ゼロという政治はありえない、たとえ与党であっても問題があればトップを批判する。それは国政においても地方政治においても変わらないスタンスであってほしい。

球場移転問題

日本ハムファイターズの移転問題で、市民から批判が相次いでいます。日本ハムは、札幌ドームと永年的な契約を結びたいことと、運営費用の負担割合の見直しを求めていましたが札幌市側はこの申し入れを何度となく断っています。このような交渉過程を検証し、誘致失敗の要因を明らかにすべきです。
しかし市議会与党である民主市民連合も、市議会野党の自民党・公明党も「市はできる限りの努力をした」と擁護し市長の責任を問うような批判を封印しています。

来年の選挙で自民党は独自候補を立てずに秋元市長を推薦する説が有力です。オール与党市政に対峙する「ものが言える」共産党市議団の役割がますます重要です。

札幌ドーム

市に清掃をお願い(北16条東15)

さて、先日通りかかった公園があまりも汚かったため市に清掃をお願いしました。北16条東15丁目のあざみ公園ですが、空き瓶やペットボトル・たばこの吸い殻をはじめ、薬品が入っていたであろうポリタンクや長靴、壊れた傘や自転車などありとあらゆるゴミが散乱していました。近所の保育園や幼稚園もこの公園を利用しており、子どもが遊ぶ環境として危険です。さっそく市に要請したところ、翌日清掃が行われました。

雪が溶け道路のデコボコや公園遊具の破損が目立つ季節です。お気づきの点がございましたらお知らせください。

 

議員としての基本

危険なゴミが残置

栄町イオン店のリサイクルショップが今年(2018年)1月に閉店したことに伴い、この間立体駐車場の入り口付近に足場が組まれ店舗の撤収作業が行われていました。その作業が3月に終了したのですが、作業で出たゴミがそのまま残された状態となっていました。中にはガラスやとがったネジもあり、もし子どもが触れたりしたら大変危険ですし、自転車タイヤのパンクの原因にもなります。

行政として指導できる

通勤の際にそのような状況に発見し、さっそく市に改善を呼びかけました。しかし、建設局道路管理課は「現地も調査したが、民間の敷地のために市からは指導できない」と回答しました。

私は本当に市から指導ができないのか、法律を調べてみました。すると道路法・第44条第1項に「道路管理者は、前項に規定する損害又は危険を防止するため特に必要があると認める場合においては、当該土地、竹木又は工作物の管理者に対して、同項に規定する施設を設け、その他その損害又は危険を防止するため必要な措置を講ずべきことを命ずることができる。」つまり、民間保有の敷地や道路であっても危険だと判断した場合は行政として指導できるというものです。

この法律を基に改めて市に対応を求めると、さっそくゴミは撤去され安全な歩道に戻りました。どこか危険なところはないかと目をこらし、どうしたら改善できるのか頭をひねらせる。議員としての基本を改めて大切にしようと感じた一件でした。