アスベスト問題で初めて議会が開かれました

皆さんこんにちは、寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

私は10月の議会が終わりやっとひと段落かなと思っていましたが、アスベストのことが大きな問題となり、議会の質問に追われていました。

今回は2016年11月14日、15日に開かれた議会の様子をお伝えします

まず14日の総務委員会で、アスベストが見つかった学校・施設での測定結果と今後の対応についての報告が行われたので私が質問に立ちました。
空気中にどれだけのアスベストが含まれているのかを調べる測定方法には「光学顕微鏡」と「電子顕微鏡」二種類があり、札幌市は光学顕微鏡で測定を行っています。
しかし私が専門家に話を聞いたところ、光学顕微鏡ではアスベストが正確に識別できない場合があるそうです。その点、電子顕微鏡を使うとアスベストが正確にカウントでき、場合によっては同じ環境で測定しても二ケタも数値が違うとのことです。
私は電子顕微鏡で測定し、正確な数値を公表し市民の不安に応えるべきだと提案しました。
またボイラーの稼働時と停止時では測定結果が変わる可能性を指摘し、実証実験を行うべきと求めました。

翌日の文教委員会では池田ゆみ議員が質問に立ち、国から調査報告が求められていたのにも関わらず、調査せずに「問題なし」と虚偽の説明を行っていたことについて厳しく追及しました。
教育委員会は「事務の引継ぎが適切でなく、組織内で重要性が共有されていなかった。」と、今後当時の当局でどのように判断したのか検証し責任の所在を明らかにすると答弁しました。

引き続きこの問題は議会で取り上げ、皆さんに報告いたします。

%e2%91%a1dsc05117