繰り返される悪夢

最近「自分の家に侵入者がいて悩まされる」という夢を三度続けてみました。気になったので夢占いで調べてみると「病気や不幸をあらわしている」とでたので不安に思っていると、数日後見事に風邪をひいてしまい寝込んでしまいました。

幸い薬を飲んでゆっくりと休むとすぐに元気になりましたが、夢占いが当たっていて驚きました。私は昔から眠りが浅く夢を覚えているほうなので、これからは少し気にしてみようかなと思いました。

いま安倍政権のもとで戦争の悪夢が繰り返されようとしています、廃棄したとして情報開示を拒んできた南スーダンPKOの陸上自衛隊派遣部隊の昨年7月の日報がみつかりました。日報には「激しい銃撃戦」や「砲弾落下」などの記載や「戦闘」という表記が複数あり、これまで政府が否定してきた「戦闘行為」が実際に起きていたことを裏付ける内容です。

「元自衛隊が本気で反対する理由」という本が先日発売されました、実はこの中に元自衛隊員の私の友人のインタビュー記事が載っています。友人も含めてこの本を通じて元自衛隊員の方たちが語っているのは、「安全なところで後方支援をすると言うが、戦場に安全なところはない」ということと「OBだからこそ現職の自衛隊を戦場に送らないために声をあげるんだ」ということです。

改めてなぜ私が日本共産党員なのか、なぜ本気の野党共闘が必要なのか気づかされました。
今年こそ安倍政権の悪夢を終わらせましょう。

MDM_1571