初めての代表質問 – 札幌市議会 平岡だいすけ

2017年2月28日、初めて札幌市長に直接質問を行う、代表質問(日本共産党)に立ちました。緊張しながら本会議場に入ると、他会派の議員から「大ちゃん、たくさん人が来てるよ期待されてるね」と声をかけられ傍聴席を見上げるといっぱいの傍聴者。「よし、やるぞ」と気合いが入りました。

45分間にわたる質問で、高すぎる国保料の引き下げや敬老パスの利用拡大、除排雪体制の強化などの提案を行いました。

中でも、市職員の不正・不祥事の問題は重要です。麻生球場と円山動物園の談合事件は記憶に新しいと思いますが、このような談合・契約違反、傷害・暴行、わいせつ行為、窃盗、飲酒運転などが2016年度は21件もあり、前年から増えているのが実態です。

しかし、前日の他会派の代表質問でこれまでの市政運営の総括を求められた秋元市長は「子育て支援に力を入れ、冬季アジア大会も成功させ、当初のプランを着実に進めている。」と答弁し、この間の不正・不祥事問題への反省は一切ありませんでした。反省なくして前進なし、「不正・不祥事を発生させない職場づくりに努める」と、私の質問に答えたことが守られるよう厳しい目で見ていかなくてはなりません。

また総工費1000億円規模といわれる都心アクセス道路の市民アンケートは、寄せられた意見の賛否が二分されていたにもかかわらず、あたかも大多数の市民が賛成しているように報告していることは問題だと厳しく追及しました。

DSCN4288

初めての代表質問は反省も残りましたが、これを糧にさらに成長していきたいと思います。傍聴に来ていただきました皆さまにこの場を借りて感謝申し上げます、ありがとうございました。