東区役所前駅の段差の解消~(2019年)3月工事が決まりました

地下鉄駅周辺で毎朝おこなっている街頭宣伝も、後援会の皆さんに支えられ4年が経ちます。この季節は通勤・通学に急ぐ皆さんが凍結した路面で転ばぬよう砂まきからはじめています。

地下鉄駅についてはこれまで、出入り口の段差の解消、歩道の舗装や点字ブロックの修理、駐輪場のハト除けなど課題を解決してきたところです。

この間も、市民の方から東区役所前駅2番出口(マックスバリュ隣)の急な段差をゆるくしてほしいとの要望がありましたので交通局にかけあっていました。
何度かのやり取りの後「段差は15㎝を基本とし、やむを得ない場合は18㎝とする」と決められている歩道橋や地下歩道などをつくるときの基準をもとに、一番高い20㎝の箇所を2㎝縮める工事を来年(2019年)の3月に行うことが決まりました。

しかし、たったの2㎝では依然として段差がきついという状況は変わらないのではないでしょうか。春に私がおこなった調査ではほとんどの出入り口の段差は10㎝前後で、20㎝もの高さがあるのは東区役所前駅だけです。大幅に改善することはできないのか、工事の許可を出す建設局とも話し合いを進めています。

さて、これが今年最後のかけある記です。皆さんにお伝えしたいことを、読みやすいよう工夫しながら書いてきました。時より「今回の記事面白かったよ」「トイレの平岡」と声をかけていただき大変励みになりました。

来年はいよいよ選挙!最後の最後までかけぬける決意です。

 

Published by