若者が希望を持てる社会を

25歳

25歳で立候補を決意した私もこの2月で30回目の誕生日を迎えます。1989年、母は18時間の痛みとの闘いのすえに吸引器の助けをかりて私を出産しました。予定日より三週間も早く体重は2,832グラムでしたが、1か月後には4キロへ。その後とがった時期もありましたが、いまでは心も体も丸く育ちました。

とくにこの4年間は議員として、皆さんに大きく成長させていただきました。右も左も分からずに飛び込んだ政治の世界で、自らの役割と真っ直ぐに向き合ってきました。

思い出すのは当選から3か月後の文教委員会「豊滝小学校の統廃合問題」です。地域住民の合意のないまま一方的に統廃合を進めるのはやめてほしいとの陳情が議会に提出され、私は南区へ向かいました。

地域住民の思いを聞き、子どもたちが通う学校や通学路を見て、市が進める統廃合の問題点とデタラメぶりを厳しく追及しました。この経験が、直接当事者の話を聞き現場を自分の目で見ることを大切にする、私の礎となりました。

同世代

さて1989年生まれには錦織圭さんやハリーポッターで有名になった俳優ダニエル・ラドクリフさんが名を連ねますが、消費税が生まれたのもこの年です。

消費税は導入時の3%から自民党政権のもとで成長を続け、今年は10%にまで手をかけようとしています。

今年30歳を迎える働き盛り世代・子育て世代の家計を圧迫する「同級生」消費税の成長はここで終わりにして、若者が希望を持てる社会をご一緒につくりましょう。

 

Published by