小池晃街頭演説で、平岡さんが決意

 22日、大通公園で開かれた街頭演説は心地よい天気にも恵まれ1300人を超える聴衆が集まり、小池晃書記局長、はたやま和也道比例ブロック候補、平岡だいすけ2区予定候補ら小選挙区候補の訴えに耳を傾けました。

(北海道小選挙区2区予定候補、平岡だいすけです。どうぞよろしくお願いいたします。
みなさんは、世界の幸福度ランキングというものをご存知でしょうか。毎年様々なデータから、世界の国々の幸福度にランクをつけるのですが、日本は一体何位か。日本は2020年は153か国のうち、62位という結果でした。残念ながら毎年この順位を下げているそうです。わたしは働き方というのが、この幸福度にあらわれていると思っています。世界の幸福度ランキング3年連続1位のフィンランドでは、午後の4時に仕事が終わるそうです。4時に仕事が終われば、うちに帰って自由な時間を過ごすことができます。体を次の日のために休ませることができると思います。日本では理想ではないか、現実的ではないと思われる方もいらっしゃる方もいるかもしれません。しかしわたしは1日8時間働けば、ふつうに暮らせる社会をつくりたい。長時間労働やパワハラに苦しめられる人をなくしたいと思って頑張っています。新型コロナウイルスが拡大をしてから、非正規労働者を中心に、雇止めや解雇も広がりました。正社員があたりまえだと、雇用が保障される社会でなくてはならないのではないでしょうか。やはり政治を変えなくてはなりません。北海道小選挙区2区では野党共闘が実現すれば、必ず勝利ができると確信をしています。わたくし平岡だいすけ、その野党共闘の先頭に立ち、せいいっぱい頑張る。その決意をもうしあげまして、あいさつとさせていただきます。)

Published by