命守る政治へ〜政権交代必ず@札幌/畠山候補・紙氏・平岡候補「立党の精神」


 日本共産党北海道委員会は5日、紙智子参院議員、畠山和也前衆院議員・比例候補、平岡だいすけ道衆院2区候補を先頭に、札幌駅前で緊急宣伝を行いました。

 「コロナから命、くらし守る」「消費税5%緊急減税を」のプラスターを掲げ「医療機関と高齢者施設守れ 全額国庫でPCR検査を」のビラを配りました。手を振る人や、拳を握り「自民党政治は終わらせてください」と声を掛ける男性もいて、共感が広がりました。

 臨時国会が閉会し、すぐさま北海道へ戻った紙氏。菅政権の新型コロナへの無為無策の対応や、学術会議への人事介入、安倍前首相の「桜を見る会」の新たな疑惑に説明責任を果たさず閉会したことは許されないと批判。他方、野党が結束して雇用調整助成金の延長、学生支援給付金の再追加配分、少人数学級の実施へあと一歩まで来たと報告し、「命と暮らしを守るため、国民の苦難軽減という立党の精神を発揮して頑張ります」と表明しました。

 畠山氏は、菅政権の新型コロナ対策の本気度がまったく感じ取れないと述べ「医療機関、高齢者施設を支える、若者や本当に必要な人への支援が重要です」と強調しました。平岡だいすけ衆院道2区候補が訴えました。

(12/6付「しんぶん赤旗」掲載)

Published by