アスベスト問題で初めて議会が開かれました

皆さんこんにちは、寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

私は10月の議会が終わりやっとひと段落かなと思っていましたが、アスベストのことが大きな問題となり、議会の質問に追われていました。

今回は2016年11月14日、15日に開かれた議会の様子をお伝えします

まず14日の総務委員会で、アスベストが見つかった学校・施設での測定結果と今後の対応についての報告が行われたので私が質問に立ちました。
空気中にどれだけのアスベストが含まれているのかを調べる測定方法には「光学顕微鏡」と「電子顕微鏡」二種類があり、札幌市は光学顕微鏡で測定を行っています。
しかし私が専門家に話を聞いたところ、光学顕微鏡ではアスベストが正確に識別できない場合があるそうです。その点、電子顕微鏡を使うとアスベストが正確にカウントでき、場合によっては同じ環境で測定しても二ケタも数値が違うとのことです。
私は電子顕微鏡で測定し、正確な数値を公表し市民の不安に応えるべきだと提案しました。
またボイラーの稼働時と停止時では測定結果が変わる可能性を指摘し、実証実験を行うべきと求めました。

翌日の文教委員会では池田ゆみ議員が質問に立ち、国から調査報告が求められていたのにも関わらず、調査せずに「問題なし」と虚偽の説明を行っていたことについて厳しく追及しました。
教育委員会は「事務の引継ぎが適切でなく、組織内で重要性が共有されていなかった。」と、今後当時の当局でどのように判断したのか検証し責任の所在を明らかにすると答弁しました。

引き続きこの問題は議会で取り上げ、皆さんに報告いたします。

%e2%91%a1dsc05117

 

アスベストを含む断熱材はく落問題での緊急申し入れ

小中学校をはじめとする28ヵ所の市有施設(11月2日時点)で健康に有害なアスベストを含む煙突用断熱材がはがれ落ちていたことが大きな問題になっています。ここ東区では札苗小学校や伏古小学校などでアスベストが見つかり、子どもや保護者に不安が広がっています。また東区体育館などでは現在も調査が続いています。
アスベストは発がん性があるとして2006年に製造・使用が禁止され、2014年にはそれぞれの自治体による除去や飛散防止が義務化されました。
しかし札幌市は施設の点検をおこたり、国に対しては「問題なし」と報告していました。
アスベストが検出された学校ではボイラーの運転停止によって給食が作れず冷たいパンが提供されたり、暖房の停止で休館を検討せざるをえない施設もでてくるなど、一刻も早い解決が求められています。
私たち日本共産党札幌市議団は7日、市長に対して。万全な安全対策・除去工事はもちろんのこと、市民に対して正確な情報を公表し説明責任を果たすことや、温かい学校給食の回復にむけて全力で取り組むことなど申し入れを行いました。

dsc05089

2016-11-08-%e5%b9%b3%e5%b2%a1%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91a5%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

「TPP協定の『大筋合意』の撤回と、調印・批准を行わないことを求める意見書案」賛成討論 – 平岡大介

平成28年度第3回定例議会の最終日、10月31日の本会議で「TPP協定の『大筋合意』の撤回と、調印・批准を行わないことを求める意見書案」の賛成討論を行いましたので、その内容を掲載します。
結果は自民・公明・維新が反対しこの意見書は否決されました。

—————————-
以下討論内容
—————————-
私は日本共産党を代表して、ただいま議題となっております意見書案第15号「TPP協定の『大筋合意』の撤回と、調印・批准を行わないことを求める意見書案」に賛成する立場で討論を行います。
この意見書案は、民進党市民連合および改革、無所属、市民ネットワーク北海道との共同提出によるものです。

政府与党は本日、TPP承認案の委員会での採決を強行し、明日、衆議院本会議を通過させる構えを見せるなど、重大な局面を迎えています。

政府与党は「国民に丁寧に説明する」と言いながら、8,400ページを超える協定関連文書の和訳は2,400ページ分にとどまり、公表された交渉経過資料は表題以外はすべて黒塗りという極めて不誠実な対応です。交渉の直接の担当者だった甘利前大臣のもとで秘密裏に進めてきた内容を含めた交渉の全経過の情報開示は国会での徹底審議にとって不可欠です。

また政府は影響試算で「主食用の輸入米が増えても、輸入米の価格は国産米と同水準のため、コメへの影響はゼロだ」としてきましたが、外国産の安いコメが、国産米に近い価格で流入しているかのように見せかける、いわゆる「輸入米価格偽装問題」が9月に発覚し、日本農業新聞の調査では、回答したすべての商社が、「輸入米は国産米と比べて2割安い」と回答したことは、政府の影響試算の前提を揺るがす大問題です。

そもそも農産物重要5項目の関税撤廃は、明白な「国会決議」違反です。「聖域」とされた5項目のうち、3割の品目で関税が撤廃され、残りの7割も関税率の引き下げなどが行われ、「無傷」な品目は一つもないばかりでなく、協定発効7年後の再協議規定で、関税撤廃に向けた協議が約束させられています。

さらにTPP協定は農業のみならず、あらゆる分野が規制緩和の対象となります。
例えば、遺伝子組み換え作物や輸入食品の急増で、食の安全が脅かされることや。
アメリカの製薬会社が薬価決定に影響を及ぼし、現在の安価な薬の供給が減り、薬価が高止まりすること。
公共事業や地域経済が外資に開放され、労働分野での賃金低下、非正規雇用の増加、労働条件の悪化をもたらし。地方自治体が中小企業支援のために定めた「中小企業振興基本条例」や「公契約条例」などの規定自体が、多国籍企業や投資家から損害を受けたとして、訴えることができる仕組みが盛り込まれています。このように国の主権をも侵害して多国籍企業による支配をもたらすことになりかねないISDS条項の問題など、広い分野で影響を及ぼします。

共同通信が行った世論調査では、約7割の国民が慎重審議を求めています。

政府は正確な情報開示と国会での徹底審議という責務を果たすべきです。地球規模での食料不足が大問題になっているときに、自国の農業を壊し、食料を外国に頼る国にする、そして食の安全・医療・雇用などあらゆる分野で深刻な影響を及ぼす。この「亡国の道」を進む、TPP協定の調印・批准は行うべきではないと、本議会から国に対して意見をあげるべきであると申し上げて私の討論を終わります。

s0060790

札幌市民の財産、売却に待った! – 総務委員会で質問 平岡だいすけ

札幌市は9月9日の新聞報道で、まちづくり計画を策定している新さっぽろ駅周辺の5.6ヘクタールの市有地ついて約57億円で民間事業者に売却することを公表し、10月4日の総務委員会でそのことを報告しましたので、私が質問に立ちました。

売却は決定していた
札幌市はこれまで住民説明会や市民意見の募集において、事業者から提案を募集して競争入札にかける「公募型プロポーザル方式を検討している」とは説明していますが「売却することが決定している」とは説明していません。
私は、土地を売却するという考えがあったことを市民に対して問うべきだったのではないか、市民が納得していると考えているのかと追及しました。
その質問に対し、担当部長は「住民理解がすべて得られたとは言えない」と答弁し。
さらに、この土地はJR・地下鉄などの交通機関が隣接した利便性の高い、いわゆる一等地であるが過去にこのような土地を売却した事例があるのか、との質問に対して「東札幌で2.8ヘクタールの市有地を売却したことがある」と答えました。
つまりこれだけ広くまとまった市有地を売却した例は過去にはなく、民間事業者に売却した場合には将来地域の実情が変わったとしても、札幌市主導のまちづくりができなくなり、住民の意見も反映されなくなります。

%e2%91%a2s0417901

住民の賛同をえてから
市民にとっての貴重な財産を売却すべきでなく、住民の賛否を問わない進め方は問題です。
また札幌市は議会が開かれた翌日からプロポーザル公募受付開始をすることも決まっており、議会での議論なしに進められることは議会軽視と言わざるを得ません。
議会を傍聴した厚別区の方は「計画は進んでいるが決定ではない、住民が立ち上がって凍結へ」と述べています。

街の灯りに暗雲

ビールの美味しい季節。真夏日が4日多い今年(2016)はさっぽろ大道りビアガーデンでは119万人が来場し、ビールの消費量は中ジョッキ89万杯分!前年にも増して賑わっています。

しかし一方、歓楽街ススキノでは「風俗営業法(風営法)」による取り締まりが強化され、スナックの経営者らの逮捕が相次いでいます。
「風営法」は性風俗の乱れを取り締まることを目的に作られ、2016年6月に改正され取り締まりが強まり。ここ数年間でススキノでの逮捕者は20人近く、罰金は100万円、拘留は2週間前後。廃業に追い込まれた店もあります。

なぜ逮捕されるのか?

それは風俗営業の許可を取っていない店「特定遊興飲食店」が禁止されている「接待」をしたことが理由です。風営法では接待について「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」と規定しており、お客さんの隣に女性が座りお酌や談笑することや、カラオケの歌声を褒めたり、ママが選曲することも禁止しています。

それでは営業許可を取れば良いのではないか?

許可を取ることは経営者にとって大きなデメリットがあります。特定遊興飲食店であれば日の出まで営業することができますが、許可を取るとススキノではAM1時までしか営業することができません。また信用保険協会の保証対象外となり、金融機関から融資を受けることが難しくなります。
カラオケを歌い談笑することが風俗環境の乱れにつながるのか、警察の取り締まりが過度なものではないのか。街の活気が失わることを心配しています。
札幌市としても出来ることがないのか調査します。

photo0000-3363

札幌市 地下鉄栄町駅で早朝の訴へ – 平岡だいすけ 2016年4月8日

4月8日、札幌市 地下鉄栄町駅で早朝の訴えを行いました。

【北海道5区:衆議院補欠選挙】について、お願いしました。

ご承知のように、日本全国がマスコミも含めて注目している選挙です。

「北海道5区にお知り合いの方がおりましたら、『ぜひ選挙に行って』と声をかけてください」と訴えました。

東区は選挙区ではありませんが、いまの政治を考えるにふさわしい問題がたくさん争点になっています。

(厚別区、江別市、石狩市、千歳市、恵庭市、北広島市、当別町、新篠津村)は4月12日告示です。

【札幌市議会での自民党議員のひどいヤジ】について、私の意見をお話ししました。

ニュースなどで何度も報道されていますが、小形かおり議員の発言中に、「精神鑑定受けたほうがいいんじゃないのか」とヤジを飛ばしたことが、大きな問題となっています。

勝木議員の本音は:精神障がい者への差別、まじめに戦争法案を考えている市民への言葉の暴力です。最初、勝木議員はヤジを否定していましたが、事実を突きつけられて認めざるを得ませんでした。

全国的に自民党議員の不適切な発言、不祥事が毎日のようにニュースで流され、「不祥事全国マップ」まで作られてしまいました。札幌市議会でも事件が起きてしまいました。本当に残念です。

また、この問題で自民党と公明党は懲罰決議にも反対したことを報告しなければなりません。

配布したミニ宣伝物「東区民報号外、平岡だいすけ版」:「保育園落ちたの私だ」もみなさん受け取ってくださいました。ありがとうございます。

12962585_1574589912832957_305509410_o

2016-04-01 平岡だいすけA5チラシ